フリーター生活からの貧乏転落

私が20代前半の時です。

私は新卒で入社した会社を4ヶ月で退社し、次に入社した会社も1年で辞めました。

その後は短期のアルバイトやコールセンターのアルバイトなどを転々としながら生活する、いわゆるフリーターでした。

私立の大学を卒業して、教員免許もなんとなく取得していましたが、将来の人生設計など全く考えていませんでした。

大学を卒業しさえすれば自分は大人になれると思っていたあの頃、人生の大きな岐路である就職すら真面目に考えていなかったことを本当に後悔しています。

私は大学を卒業して、1番目と2番目に入った会社は正社員としてでした。

ボーナスこそあったものの、1ヶ月の給料は手取り14万程です。

大学を卒業して働き始めたら自分の欲しいものが買え、休みの日には趣味とかできると勝手に思っていた私は、休みの日も仕事のことを考えてゆっくり休めず、且つ自由に使えるお金もほとんどない社会人の生活にすぐに嫌気がさしていました。

それからでしょうか、高時給のアルバイトで毎日働いた方が残業もなく、自分の時間をしっかり確保できるのではないかと考え始めたのです。

具体的にフリーペーパーを手に取り、時給計算しても、アルバイトで当時の月給を上回ることはそう難しくありませんでした。

しかし私は税金や健康保険、年金のことなどを全く考えていなかったことに、フリーターになってから気付き、困窮していくようになったのです。

せっかくフリーターになったんだし、色んな職種を試してみようと思い、アルバイトを転々とする日々が始まりました。

行政が発注する電話での調査やおせち工場でのライン作業、深夜帯のテレビショッピングのコールセンターインバウンドに、映像制作会社での雑務など、色んな仕事をしました。

コールセンターの仕事が1番時給は良かったのですが、深夜帯の仕事で体を壊しそうだなと思うことと、夜働いていると友達と予定を合わせることが出来ずに結局自由になれないなと思い辞めました。

ちょっとぐらい大丈夫だろうと思って使い始めたリボ払いの請求にも息苦しさを覚えてきた頃に、年金すら払えない自分は何をやっているんだろうとみじめな気持ちになり始めていたと思います。

フリーターになったばかりの頃は外食もよく行き、誘われた飲み会は断らないぐらいの感じで外に出ていましたが、その度に話題にあがる友達がちゃんと働いている姿を聞くのが嫌になり始めました。

毎月の支払いが苦しくなってきたこともあり、友達との付き合いを断って家にひきこもりがちになった私は、心身ともに不健康になっていったのです。

友達に会いたくても会えない当時の状況に、フリーターの方がお金を稼げて自由になれると思って会社を辞めた馬鹿な自分のことを責めるようになりました。

返済の半分くらい手数料で取られるリボ払いの分をとにかく返さなきゃということで、職を選ばなくなり、時給の良いスナックで働いたこともあります。

しかし困窮から抜け出すことは出来ずに、結局実家に帰ることにしました。

自分の無知さ無力さに打ちのめされ、大学を卒業させて貰った親への申し訳なさを抱えての里帰りは居心地が悪かったですね。

幸い私は女性なので結婚することで、人生をリセットすることができましたが、自分の子供には同じ失敗をして欲しくないので、しっかりと自分の体験を伝えていきたいと思います。

お金がない時は家にあるいらない物を売って生活をしよう

給料日にすでに手元に残るのは食費の一万円のみ、
なんてことが毎月です。
病院にも行けない、服も買えない、日用品も買えない、
食べたいものも我慢するか何か代わりになるもので
できるだけ買わないようにする。
お肉は外国産が当たり前です。
刺し身なんて食べられません。
髪の毛切るのも、化粧品だって気を使いたいけど
そんなお金がなくて辛かったです。
貯金もできないので旅行も行けず、
お金がないと何もできないことを
毎月痛感していました。
私はいつも少し多めに振込をしておきます。
すると何ヶ月後かに端数分が集まって
3000円余分に通帳に残るようなことがあります。
手元に置いてると使ってしまうので、
ないならないなりに、こんな感じで多めにして
無駄遣いしないようにしています。
たまにこの余分に集まったお金をかき集めては
クレジットカードの支払いに使える分として
ポイントの付くネットショップで
必要なものを買ったりします。
お金がないといざという時に本当に困ります。
ですがお金を稼ぐことやそれを貯金することは
簡単なことではありません。
私はコツコツと今のこの常にギリギリな生活を
普通に食べていける生活にまずは変えたいです。
それから貯金ができたり、貯金できなくても
かき集めることなく、必要なものや好きなものが
買えるような生活をしてみたいです。
食費は安いスーパーのそれも特売の日に行きます。
野菜は100円以内のもの。
タンパク質は主に豆腐から取ります。
肉は安い外国産を買いだめして
豚肉もいつも小間切れしか買えません。
綺麗に切られているバラ肉もロース肉も食べたいですが、
そんな予算はありません。
卵も無駄遣いしないように、安いものを2日に1個など
使える個数も決めています。
お米は通販で安くても新米の時期は新米を買います。
おかずがなくてもご飯でお腹を膨らませるには、
あまりにも不味いお米だと満足できないからです。
お米は通販の他に薬局が安いです。
10キロ2500円で売っていることもあります。
初めて食べた時は衝撃でした。
社会人になって家を出るまでは
実家で毎年採れたてのコシヒカリの新米が
普通に口に入っていた私には
お米の違いにびっくりしました。
こんなにも味はもちろん、匂いや色まで
食感も違うことに、今まで食べていた美味しいお米に
感謝したくなりました。
日用品は本当に必要なものだけを買います。
リストにして優先順位の低いものは
消去法で消していきます。
なくてもあまり困らないと言い聞かせて、
ある程度は我慢して生活します。
工夫次第で節約も慣れてきます。
いつか美味しいものやほしいものが買える生活を目指して、
今は耐えながらも頑張ろうと思います。

あらゆる方面からの節約と売れるモノを売る

お金がないと、使うことができませんね。私の場合、衣食住のあらゆる方面で節約生活をします。
プライドというものは、ちょっと捨てないと節約生活できないですね。
まず、「衣」ですが、友達や知人の着なくなった服をもらい、自分流にリメイクします。
今はやりの雰囲気にアレンジしたり、少し手を加えることで、全く違った服に大変身です。
もちろん、今まで自分がもっていた洋服もアレンジします。ですので、母親に買ってもらったミシンが大活躍するんです。
次に「食」関してですが、お金がないときは、閉店間際のスーパーに行くと、半額以下の値段でいろんなものが購入できます。
スーパーマーケットも、捨ててしまうよりは、少しの値段でも売れたほうが助かるってわけですね。
他に、パン屋さんでパンを買う時に食パンの耳をたくさんもらいます。さすがに、耳だけくださいというのは申し訳ないので、一応パンを購入して、一緒に耳をもらいます。この食パンの耳が料理に大活躍なんですよ。そのままトーストすれば、立派な朝食になりますし、キッシュにしたりいろいろとアレンジ料理が広がります。
「住」の面で節約できるのは、光熱費ですね。冬場だと、電気を消してキャンドルに火をともしていると、温かみがでますし、ムーディですし、電気代節約になります。また、寒さ対策として、窓にプチプチをはって、ひんやりとした風が入るのを防ぎます。
水道代の節約は、お風呂の残り湯を選択に利用することはもちろんのこと、洗い物をするときの食器をすすぐときは、重ねて上から水道水を流して洗います。
少しのことなのですが、ちりも積もれば山となるで、光熱費を少しでも節約できます。
また、逆に暑いときは、風呂の残り湯を翌朝、家の周りにまいて、打ち水をして涼を呼び寄せます。
節約すると、器が小さい気持ちになりがちですが、そこはセンス良く、節約を楽しみながらお金を使わないようにすることがポイントです。
また、節約しすぎて栄養バランスの悪い食事をしたら、病気になってしまうので、節約しながらバランスの良い食事をとることが大切です。
そして、最後に自分の持っている持ち物でお金に代わりそうなものは、売ってしまいます。
時計、アクセサリーなど比較的お金になりそうなもので、売ってもいいものは、売ります。
コミック本や、ブランドの洋服なども売ることもあります。ネットでやり取りするフリマは、お金が入るのが少し先なので、実店舗へ売りに行くのがその場で現金を手に入れる最短の方法です。
お金がないとき、誰しも経験するかもしれませんが、私の方法もお試しください。