お金に困らない生活を!金欠の時にとれる対策と子供の頃からの教育が重要

お金は価値があるものだけれどそれだけではない

お金は価値のあるものというのはまぎれもない事実ですが、その価値が普遍でないということを多くの人は意識していないのではないでしょうか。取引するたびに価値が大きく変わる物々交換が中心だった時代では、物の価値の変動で取引が非常にしにくいのを改善するために安定した価値を持ち続ける通貨というお金のシステムができました。

しかし、これらの価値は絶対的な価値というものではありません。あくまで安定した価値を持つものとしてお金は存在し、その価値は刻々と変動しています。特に日本円は世界的にみてもきわめて安定していることから海外の投資家にとっても利用される傾向にあります。ユーロやドルまたはその他の通貨の価値が大きく変動するときに円が買われる傾向があることでそれらがわかります。

お金

そのような状況なので日本国内にいる日本人は円はほとんど価値の変化のないものという認識のために円のお金の価値についての変化にそれほど注目していないといっていいと思われます。それゆえに投資よりも貯金という発想が多くの日本人に浸透しているといっていいでしょう。

しかし、よりグローバルな発想をしている人や資産家などは円であっても絶対的な価値があるわけではないということを強く意識しており、リスク分散という意味もあり資産を円のお金だけにしていない人も多いわけです。今後は仮想通貨などの登場もあってこれまでのお金に対する意識もさらに大きく変わっていくだろうと予想されます。

とくに仮想通貨はそれぞれの国の通貨に影響されないためにもっと安定した輸出入など貿易の取引や国際的な取引に利用されていくのではないかといわれています。これまで円高や円安で一喜一憂して大きく利益が打撃を受けたり、あるいは思わぬ利益を得たりしていました。

しかしそれらは本来の取引される商品の価値によって生み出されたものではないお金による増減であったために運としての不確定要素に影響を受けすぎていました。仮想通貨はそういう意味でもそういった各国の通貨の影響を受けずに取引できるということは大きなメリットになるのではないかといわれています。

お金の成り立ちや基本的な性質を理解することも、これから電子マネーや仮想通貨などのお金を理解することも大切で現状当たり前だと思っている日本円のお金についても意識改革して考えるようにしなければ思わぬ不利益が生じたり、または利益を逃したりする可能性があるかもしれません。

子供の時に金欠だった人ほどお金持ちになれる!?

子供のときに貧乏な暮らしをしてきた衝動からでしょうか、就職したり結婚してからお金を沢山使ってしまうのです。
私は月給十五万円くらいで働いているのですが、その月給を全部使ってしまう月もあります。
一回に大きな買い物をするわけではないのですが、お店などでの買い物ではなく通販が主です。アマゾンや楽天で「これいいな」と思ったものを五千円以下であれば簡単に買ってしまうのです。
ケーキやゲームなどですが、届いてみると、頼んだときの自分がなぜそこまでしてほしかったのかわからないようなものが多いのです。
しかし、実際自分のポストに品物が届いているときや配達屋がくると嬉しいのです。
毎日何かがほしいのです。自分でもこの欲求が何か分からないのですが誰かから何かがもらえる、というのが小さいときありませんでしたのでそういう欲求なんだろうなぁと思っています。
そんな浪費をしていますので、私個人としてのお金はほとんどありません。貯金ができなくなって後悔します。後悔しますが二ヶ月ほどすると、そのお金を使いたいという欲求がまたやってくるのです。そして一回の買い物で上限五千円までならいいか、とまた買い物を始めてしまいます。
いっきに大きい買い物をしているのであれば自分でも止めることができるのですが、ちりも積もれば何とやらですので自分では買い物をした、という意識がないのです。

money

金欠で困っている人は、普段の生活を戒めるだけではなく、しっかりとした対策をとることでお金に困る事のない生活を手に入れる事ができるようになるでしょう。

事実、金欠対策の専門記事ではそのことについて詳しく解説されています。

参考サイト→金欠について
注文確定欄を見ると、こんなに買ったのか、と思い次からは気をつけようと思います。しかし早いおtきには翌日の同じ時間には買い物をまたしているのです。
楽天などはポイントを見ると、自分がどれだけ沢山買い物をしたのか分かります。ですからポイントを見て後悔するときもあります。
一時期専業主婦になったときも、旦那のお金を使いまくりました。旦那からは家族カードを持たされており、それをネット通販での買い物に設定していましたので、自分のなかや自分の口座からお金がなくなることはありません。しかし旦那のほうからはお金が落ちていくのです。
自分だけお金がないのであれば問題ないのですが、旦那までお金がなくなると家計に関わってきてしまいます。それは分かっているのですが買い物をして商品が届くという満足がとめられないのです。
お金が大事なこと、何かあったときにためておくべきこと、というのは理解しているのですが、頭のどこかで、いつか死ぬんだから今好きなものを購入して楽しんで何が悪いんだ、お金がなくたって何とかなるだろ、といっている自分もいてとても怖いのです。

お金が必要としているものとその有効性

お金はあればいろんなものが購入できていろんな体験もできます。それでお金持ちになれればと思いますが、お金は価値のあるものですが絶対的なものでないということも認識しておく必要があります。

特に現代日本ではお金としての日本円が極めて安定していることからお金の価値はほとんどかわらないものとして認識している人が多いと思います。しかし実際には日々、日本円の価値も変動しているということを理解するようにすると貯金や投資といったところでその扱い方も変わってきます。

お金について勉強しなければとくに投資についてはなかなかうまくいきません。株などをただのギャンブルと同じように考えていてはなかなか利益を出せなかったり、安定した管理もできないはずです。定期預金は普通預金よりも金利はいいですが、果たしてその差を実感できるほど今は大きくありません。そう考えると定期預金にしておく意味というのはきわめて低くなり、定期預金を利用するメリットはあまりないと判断できます。

お金について勉強しておかないとそのあたりの判断もなかなかできないので金利などについてもよく調べておくことでお金に強くなれます。また外貨について目を向けると日本円との価値が高くなったり低くなったりめまぐるしく変化しています。今のところ日本円の貯金が極めて安定していて国内において保障されていることからも貯金を外貨に両替しておくということは一般の日本人は少ないかもしれませんが、リスク分散ということでいくらかを外貨にしておくという発想もあります。

他には新しい通貨としてビットコイン仮想通貨もどのような性質のものかということを理解して利用できるときは利用し、リスクを感じるときは控えるといったかしこい使い方ができるように勉強しておくこともこれからは必要かもしれません。ビットコインは特定の国に管理もされていないことから国際的な取引にも有利にできる可能性があるといわれています。

その一方で法的には何も守られていないということもあって信用度というのはこれまでの通貨とくらべてまだ低いともいわれています。仮想通貨がどういったメリットデメリットがあるかというのをあらかじめ学習しておかなければ思わぬ不利益を生む可能性もあるわけです。

このようにみるとお金をただ稼ぎ貯金するということだけでなくどのような制度やシステムがあり、有利に価値として増やせるかということがお金を勉強することでわかってくるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です